杉内俊哉が引退!成績や年俸推移も紹介!今後の進路や状況も!

どうも管理人のたいがだ。

 

今回紹介する記事の内容は、読売ジャイアンツに在籍している杉内俊哉投手が2018年今季限りで引退することが判明した。

 

球界を代表する左腕が引退となった要因は右股関節の手術や左肩痛になる。

 

中日ドラゴンズに在籍している松坂大輔投手と同い年である、杉内俊哉投手は高校時代からライバル投手として意識していたそうだ。

 

17年のプロ野球生活にピリオドを打つことになった。

 

では、引退のことを詳しく書いていこうと思う!

スポンサードリンク

杉内俊哉投手が引退!

 

冒頭でも書いたが、杉内俊哉投手が2018年を持って引退することが判明した。

 

どこもスポーツの内容でトップニュースで伝えている。

 

ここ3シーズンは1軍の登板が全く無く、怪我の復帰を望んでいたが叶うことは無かった。

 

2018年は2軍の登板も全く無いことが引退を決意した要因になったのかもしれない。

 

本当にここ数年は1軍で登板している姿を全く見なかったので本人も相当苦しんでいたんだろうな。

 

投手なので変化球でかなりの肘を酷使することになるからな。

 

しかし、学生時代からずっと肘を酷使しているので一般人とは比べ物にならない程の負担が掛かっていたに違いない。

 

では、ファンの反応を見ていこう!

 

 

やはり引退を惜しむ声が多かったな。

現役時代も長く活躍した選手だけに、この引退はかなりびっくりした人が多いのではないだろうかと思う。

 

2018年を持って引退となってしまうが、これからの動向に注目したい!

 

スポンサードリンク




成績や年俸推移も紹介!

 

では、杉内俊哉投手の成績と年俸推移について紹介していこうと思っている。

 

2002年 11登板 2勝利 2敗北 防御率 5.93

2003年 27登板 10勝利 8敗北 防御率 3.38 福岡ダイエー

2004年 10登板 2勝利 3敗北 防御率 6.90 福岡ダイエー

2005年 26登板 18勝利 4敗北 防御率 2.11 福岡ソフトバンク

2006年 22登板 7勝利 5敗北 防御率 3.53 福岡ソフトバンク

2007年 28登板 15勝利 6敗北 防御率 2.46 福岡ソフトバンク

2008年 25登板 10勝利 8敗北 防御率 2.66 福岡ソフトバンク

2009年 26登板 15勝利 5敗北 防御率 2.36 福岡ソフトバンク

2010年 27登板 16勝利 7敗北 防御率 2.66 福岡ソフトバンク

2011年 23登板 8勝利 7敗北 防御率 1.94 福岡ソフトバンク

2012年 24登板 12勝利 4敗北 防御率 2.04 読売ジャイアンツ

2013年 24登板 12勝利 4敗北 防御率 2.04 読売ジャイアンツ

2014年 26登板 10勝利 6敗北 防御率 3.16 読売ジャイアンツ

2015年 17登板 6勝利 6敗北 防御率 3.95 読売ジャイアンツ

 

プロになりたての頃はまだ粗削りな印象はあったが、年を重ねるに連れて本当に安定感がある投手へと成長したよな。

 

では、続いて年俸推移を紹介だ!

2001年 1500万円 福岡ダイエーホークス

2002年 1500万円 福岡ダイエーホークス

2004年 5300万円 福岡ダイエーホークス

2005年 4000万円 福岡ソフトバンクホークス

2006年 1億5000万円 福岡ソフトバンクホークス

2007年 1億2000万円 福岡ソフトバンクホークス

2008年 1億9000万円 福岡ソフトバンクホークス

2009年 2億3000万円 福岡ソフトバンクホークス

2010年 3億円 福岡ソフトバンクホークス

2011年 3億5000万円 福岡ソフトバンクホークス

2012年 3億5000万円 読売ジャイアンツ

2013年 5億円 読売ジャイアンツ

2014年 5億円 読売ジャイアンツ

2015年 5億円 読売ジャイアンツ

2016年 5000万円 読売ジャイアンツ

2017年 5000万円 読売ジャイアンツ

2018年 2500万円 読売ジャイアンツ

 

年俸推移の差がとても激しいよな。絶好調の時は5億円の年俸を貰っていたが、2018年は2500万円ととんでもない急降下している。

 

ここまで落ちてしまうのも大変だとは思うが、気になるのは税金だよな。恐らく貯金はあるとは思うが2015年は5億円を貰っていたのでその税金が掛かるが2016年は10分の1の5000万円にていかしている。

 

これはプロ野球選手の宿命なのかもしれない。

 

活躍すればとんでもない年俸を貰うことが出来るが、怪我で試合に出場出来ない時はかなり年俸を減らされることになるんだ。

 

スポンサードリンク




今後の進路や状況も!

 

今後の状況については、まだ肘のリハビリは続いている状況は変わりない。

 

2018年で引退することが決まったとしても、1軍で投げられる日は来るのだろうか。

 

ペナントレースの最終局面で消化試合だったら、登板する可能性もあるとは思うがどれくらいの実力を出すことが出来るのかも不安だ。

 

 

今後に関してはまだ本人からコメントがないので何とも言えない状況ではあるが、上のツイッターで書いている通り球団の投手コーチとして後輩を指導して欲しいと思う。

 

杉内俊哉投手は体格に恵まれなくても、素晴らしい投球を見せてくれた投手なので技術を後輩に伝えていって欲しいと思う。

 

今後の動向について判明次第、追記していくぜ。

 

【まとめ】

  • 2018年を持って杉内俊哉投手は引退。
  • 年俸最高額は5億円。
  • 今後の動向については不明。

 

 

スポンサードリンク




 

【関連記事】

杉内俊哉投手のフライデー相手は誰?嫁と離婚危機の理由はなぜ?

杉内俊哉は離婚を森麻季とした?子供の現在の今は何してる?

杉内俊哉の現在は?2017年最新情報をお届け!年俸推移や成績も!

松坂大輔の甲子園成績が凄い!決勝戦やキャッチャーは誰なの?

注目記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください